<新潟市長>自ら減給処分 美術館かび・クモ問題(毎日新聞)

 奈良・中宮寺の国宝菩薩半跏(ぼさつはんか)像を地方で初めて展示する「奈良の古寺と仏像」新潟展の会場が、かびやクモの発生で問題となった新潟市美術館(同市中央区)から新潟県立近代美術館(長岡市)に変更された問題で、新潟市の篠田昭市長は19日の市議会で、自身と副市長を減給処分にすると表明した。

 いずれも期間は1カ月で、市長が3割、副市長は1割をカットする。市美術館の展示作品でかびやクモが確認され、文化庁が国宝や重要文化財の仏像展示に難色を示し、計画通りの開催ができなくなったことへの責任を示した。篠田市長は「すべての関係者におわびしたい」と謝罪した。

【関連ニュース】
<カビ発生時の記事>新潟市美術館、土アートでジメジメ 水気でカビ?発生(2009年7月31日夕刊)
<クモ発生時の記事>新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生
<関連記事>新潟市美術館:館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視
<関連記事>仏像展:新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更
<写真特集>カビに悩まされた高松塚古墳

<君が代裁判>1審判決を取り消し、訴えを却下 東京高裁(毎日新聞)
「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞)
<原口総務相>参院総務委に5分遅刻(毎日新聞)
盗撮で罰金の警視、停職6カ月=退職金は支給−北海道警(時事通信)
核密約 河野議員「後任にどう引き継いだのか」(産経新聞)
[PR]
# by uyuzece7ce | 2010-03-23 13:06

奈良・甘樫丘中腹で塀跡発見、丘の上の蘇我氏邸を示唆?(産経新聞)

 古代史最大のクーデター「乙巳(いつし)の変」(645年)で滅んだ蘇我(そがの)蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)親子の邸宅があったとされる奈良県明日香村の甘樫丘(あまかしのおか)中腹で、7世紀の塀跡とみられる柱穴列が見つかり、奈良文化財研究所が18日、発表した。塀跡は、蘇我氏邸を囲った「城柵(きかき)」(日本書紀)の可能性があり、奈文研は「丘陵上部にも何らかの施設があったことを示唆する重要な発見」としている。

 奈文研が平成17年から調査している「甘樫丘東麓遺跡」の背後の斜面で、丘陵のすそから約10メートル地点を平らにし、丘の上部を区画する柱穴列を発見した。

 柱穴列は約10メートルで、直径25〜30センチと推測される大きな柱穴3基の間に細長い溝が掘られ、直径10〜15センチの小さな柱穴が密に並ぶ。柱列を土やわらで固めて壁にする朝鮮半島がルーツの大壁建物とも似た珍しい構造の塀という。

 日本書紀によると、皇極天皇3(644)年、蝦夷と入鹿は甘樫丘に家を建造。蝦夷邸は「上の宮門(みかど)」、入鹿邸は「谷(はさま)の宮門」といわれ、家の外には「城柵」を作ったとする。

 塀跡の内側には、飛鳥の宮殿跡が目の前に望める平らな尾根があり、「上の宮門」の立地にふさわしいロケーション。奈文研の担当者は「蝦夷邸があった可能性は十分に考えられる」と話している。

 現地見学会は、20日午前11時から行われる。

【関連記事】
鮮やか銀象眼大刀柄頭 大阪のシシヨツカ古墳で発掘
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡
大和三山 中大兄皇子の歌と「美しき誤解」
「国思う心」が難局を動かす
20年後、日本はありますか?

押尾被告にMDMA譲渡の友人に懲役1年の実刑(産経新聞)
<外国製自転車>前輪破損で重傷 輸入業者、国に報告せず(毎日新聞)
調査捕鯨船、見分で横浜に=農水副大臣が出迎え慰労−逮捕の容疑者は「紳士的」(時事通信)
清水氏、みんなの党で出馬(産経新聞)
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅(産経新聞)
[PR]
# by uyuzece7ce | 2010-03-19 01:28

<喜多方ラーメン>商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)

 福島県喜多方市のラーメン店43店で構成する協同組合「蔵のまち喜多方老麺(らーめん)会」が「喜多方ラーメン」の商標登録を特許庁が認めなかったのは不当として、知財高裁に提訴していたことが分かった。8日に第1回口頭弁論が開かれ、特許庁は全面的に争う構えを示した。ご当地ラーメンを巡っては、「和歌山ラーメン」が商標登録されている。老麺会は「地域活性化を目的に導入された制度なのに、特許庁の判断は趣旨に反している」と訴えている。【伊藤一郎】

 喜多方ラーメンは82年ごろから全国に知られるようになり、店主らは80年代後半以降、喜多方市内のラーメン店マップを作製して観光客に配布したり、イベントなどを催してPRしてきた。こうした実績を踏まえ、老麺会は06年4月、地域ブランドに商標権を与える「地域団体商標制度」に基づき「喜多方ラーメン」の商標登録を出願した。保護の対象は「ラーメンの提供」。地域の財産として独特の味を守ることが狙いだった。

 しかし、特許庁は08年3月に「拒絶査定」を行い、不服申し立ても退ける審決をした。審決は「老麺会の加盟店は市内のラーメン店の半数に満たず、非加盟店も『喜多方ラーメン』の文字を使用している」として「喜多方ラーメンは、老麺会や加盟店の商品として認知されているとは言えない」と指摘した。

 これに対し老麺会は09年12月、特許庁を相手に審決取り消しを求めて、特許や商標、著作権などに関する訴訟を専門に扱う知財高裁に提訴した。特許庁の指摘に対し「市内のラーメン販売食数のうち、加盟店が78%を占め発祥の店もその一員。商標登録は地域全体の財産を保護するのが目的で、非加盟店舗の賛同も得ている」と反論している。

 一方、19の製麺業者で構成する和歌山県製麺協同組合は06年11月「麺」を保護対象として「和歌山ラーメン」の商標登録を認められた。目的は同様に「地域財産を守るとともに、業界を活性化させブランド価値を高める」ことだった。

 同じご当地ラーメンで分かれた対応。和歌山のある業者は「喜多方ラーメンは、和歌山より認知度が全国規模だから、地域ブランドの商標として適さないと判断されたのでは」と推測。ある喜多方の店主も「有名すぎるのが逆効果になったのかも」と語る。特許庁商標課は「個別案件についてコメントできないが、喜多方と和歌山は商標保護の対象が違う」と話している。

 【ことば】地域団体商標制度 農協や事業協同組合などが、地域名と商品名を組み合わせた商標を登録できる制度。地域ブランド保護を目的に06年4月スタートした。それまで類似の商標登録には全国的知名度など厳しい基準が設けられていたが、隣接する都道府県で認知されていればいいように要件が緩和された。登録団体以外が商標を使用した場合、差し止めや損害賠償を請求できる。2月現在で▽比内地鶏(秋田)▽草加せんべい(埼玉)▽輪島塗(石川)▽松阪牛・松阪肉(三重)▽博多人形(福岡)−−など447件が登録されている。ラーメンで登録されているのは「和歌山ラーメン」のみ。「米沢らーめん」(山形県米沢市)が現在出願中。

【関連ニュース】
<特集>食の話題
<ラーメンの話題>ラーメン橋:近くに店ないのに看板 福岡・香春の国道
<ラーメンの話題>学生食堂:カレー、から揚げ、ラーメン 人気&自慢のメニュー
<ラーメンの話題>博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
<ラーメンの話題>中央、長野自動車道の13のSAとPAでラーメンバトル

袋に入った嬰児遺体見つかる 埼玉・越谷(産経新聞)
<地震>福島県浜通りで震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
「情報ダイヤル」を廃止=名称誤解され、機能せず−消費者庁(時事通信)
<東大地震研>浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に(毎日新聞)
東宮大夫「愛子さま、依然ご不安感」(産経新聞)
[PR]
# by uyuzece7ce | 2010-03-17 12:21

センバツ「振り込め」注意、出場校OBに不審電話(読売新聞)

 21日に開幕する選抜高校野球の出場校が、寄付金の振り込め詐欺対策に乗り出している。

 ここ数年、続発しており、今年も西日本4校のOBらに、学校職員などとかたって寄付金を求める不審な電話があった。被害は確認されていないが、愛校心につけ込む手口に、高野連も12日、各チームの代表者に注意を呼びかける。

 読売新聞が出場32校に取材し、敦賀気比(福井)、広陵(広島)、今治西(愛媛)、高知の4校が不審な電話があったと回答。高知では2月上旬、卒業生の男性方に「学校事務のスズキ」と名乗る男から電話があり、「寄付をお願いします。指定の口座に入金を」と言ってきた。男性が連絡先を聞き返すと電話を切ったという。同校は「不審な電話に注意」とホームページで周知した。他の3校も2月上旬、同じような電話がかかってきたという。

 一方、「21世紀枠」で初出場する山形中央では、複数のOBから「寄付を募るので同窓会名簿を貸して」と申し出があったが、すべて断った。「善意を無にしたかもしれないが、どこに危険が潜んでいるか分からず、やむを得ない」と同校。東海大望洋(千葉)は、姉妹校の東海大相模(神奈川)から促され、寄付趣意書に「指定の振込用紙以外で募ることはない」と明記した。

 北照(北海道)は前回出場した2000年、「野球部後援会」をかたる人物が寄付名目で数人から金をだまし取ったケースがあったため、今回、職員がOBを訪ねる際は、身分証明書を提示するよう徹底した。

 高野連によると、こうした不審電話は数年前から全国で続いているため、「寄付を募る学校は、十分気をつけてほしい」としている。

 作田明・聖学院大客員教授(犯罪心理学)の話「自分だけ寄付しないのは変だと思わせる集団心理につけ込んだ手口。学校に確認するのは失礼と思う人もいるだろうから、表に出ない被害があるのではないか」

万引誤認逮捕、全国で相次ぐ 「目撃」偏重、裏付け怠る(産経新聞)
【from Editor】武道が求める境地とは(産経新聞)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕−警視庁(時事通信)
<日本航空>再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
元三菱商事社員を再逮捕 融資金名目で1億1千万詐取容疑(産経新聞)
[PR]
# by uyuzece7ce | 2010-03-16 01:24

普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)

 平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、ルース駐日米大使と2日に会談した際、大使が「どこにも漏らしません。トラスト・ミー(私を信じて)」と述べ、日本政府が検討している移設先の具体案をただしてきたことを明らかにした。

 平野氏は「ゼロベースで検討中であり、5月末までに決めます」とした上で、「トラスト・ミー」と理解を求めた。平野氏は、会談で米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上案を打診したことを否定し、このやりとりは「私が何もいっていないことを証明する言葉だ」と強調した。

 「トラスト・ミー」は鳩山由紀夫首相が昨年11月のオバマ米大統領との首脳会談で発言した言葉。平野氏と大使は首相の発言を引き合いに互いの胸中を探り合った格好だが、この言葉を使った陸上自衛隊の1等陸佐が「首相発言を批判していると誤解を招く」などとして注意を受けている。

【関連記事】
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定
普天間移設で剣が峰の首相 4月の日米首脳会談を視野 社民は猛反発
普天間移設で首相「今月中に決断」 シュワブ陸上1500メートル滑走路軸に調整
東富士演習場使用の協議を中断 静岡・御殿場市長ら 社民などに反発
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」

城内議員が「浅田選手記事」で謝罪 「多くの人の気持ち逆撫でした」(J-CASTニュース)
医療チーム、派遣見送り チリがキャンセル(産経新聞)
ダム38か所「見切り発車」、国の満額補助前提(読売新聞)
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
板橋の4200万円強奪 新たに男2人逮捕(産経新聞)
[PR]
# by uyuzece7ce | 2010-03-11 13:37