消費者物価、1.5%下落=14カ月連続マイナス―4月(時事通信)

 総務省が28日発表した4月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が前年同月比1.5%下落の99.2だった。マイナスは14カ月連続。同月に始まった高校授業料無償化が0.54%の下落幅拡大要因となっており、これを除いたベースではマイナス幅の縮小傾向が続いた。
 5月の東京都区部CPI(中旬速報値)は生鮮食品を除く総合指数が98.8となり、1.6%下落した。 

【関連ニュース】
物価、3年ぶりプラス=11年度予想、0.1%に上方修正
消費者物価、最大の下落=マイナス1.6%-09年度
政策金利、据え置きへ=物価見通しを上方修正
景気・物価見通し上方修正へ=11年度CPIゼロ%以上も
「デフレに白旗揚げてない」=金融緩和維持を強調

強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か―奈良県警(時事通信)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
証人「忌まわしい記憶、傷口に塩」 加藤被告弁護側の戦術を痛烈に批判(産経新聞)
平野氏が重野、自見両氏と会談 普天間で政府案に理解求める(産経新聞)
[PR]
by uyuzece7ce | 2010-05-28 14:03
<< 政府与党、会期延長を検討…参院... 国家公務員に希望退職導入 現職... >>