<野口聡一飛行士>宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)

 今週に入って、オーロラ活動が活発になり、激しく動く色鮮やかな光のカーテンが宇宙と地上で相次いで撮影された。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 オーロラは太陽から飛んでくる粒子が地球の大気と衝突、北極や南極の上空100〜400キロで発生する。

 そこを横切るように350キロを周回する国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が撮影し、6日未明、自身の簡易ブログ「ツイッター」(http://twitpic.com/1dfw9y)に掲載した。ISSの太陽電池パネルの後ろに赤や緑の光の帯が輝く。「時速2万8000キロでオーロラのそばを通過した」と英語で書き込んだ。

 また、同時期に米アラスカ州でも空全体を覆うオーロラが観測された。その様子をインターネットで生中継しているベンチャー企業「遊造」(東京都三鷹市)の古賀祐三代表(39)は「ここ数年で一番鮮やかだ」と話す。

 情報通信研究機構によると、太陽活動の影響で地球の磁気が通常の状態と異なる現象「磁気嵐」が発生し、オーロラが活発化したという。【西川拓】

【関連ニュース】
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
【写真特集】エンデバー:国際宇宙ステーションとドッキング
【山崎さんには夫の支えが】読む:『主夫の花道』=山下俊樹・著
【写真付き】山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過

邦人死刑、「抗議」控える政府 米で遺憾の意表明へ(産経新聞)
<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘(毎日新聞)
商品にカッターの刃 都内のローソン4店舗(産経新聞)
『.org』ドメインへの『DNSSEC』実装は2010年6月に完了の予定
<高松塚古墳>飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
[PR]
by uyuzece7ce | 2010-04-13 10:46
<< 逆流防ぎ、エネルギー効率生産=... <入学式>元気いっぱい新1年生... >>