大学生の生活費、2000年度より3割減(読売新聞)

 大学生の生活費がピーク時の2000年度と比べて3割減少していることが、日本学生支援機構の調査で分かった。

 特に下宿生の平均は年104万7000円で、1か月換算8万7000円。専門家は、「親が経済的に苦しく、生活費を切りつめざるを得ない学生が増えている」と話している。

 調査は隔年実施で、今回はリーマンショック2か月後の08年11月、全国の国公私立大の学生ら約4万人から回答を得た。学費と生活費をあわせた支出合計は、185万9000円で、過去最高だった00年度から19万9000円(9・7%)減っていた。

 支出のうち、生活費は00年度比26万円(27・8%)減って67万6000円。下宿生だけみると家賃含めて104万円ほどで、食費、住居費、娯楽費などいずれも私立大生が国立大生より1万〜3万円少なく、学費や下宿代がかかる分、そのほかの生活費を切りつめている一端が浮かんだ。

 一方、学費は1968年度の調査開始以来、増え続け、今回は00年度比6万円増の118万3000円だった。親の平均年収が822万円と00年当時から130万円落ち込んだ影響とみられ、東京大の小林雅之教授(教育社会学)は、「家庭に学生を支える経済的余裕がなくなっている。個々の状況に応じたきめ細かい支援が一層必要になる」としている。

<介護福祉士候補>インドネシア人の1割、日本語分からない(毎日新聞)
<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
東京で桜開花=平年より6日早く−気象庁(時事通信)
JR京葉線、強風で始発から運転見合わせ(読売新聞)
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁
[PR]
by uyuzece7ce | 2010-03-29 15:45
<< 警察庁困惑「検証しようがない」... 強盗傷害罪の被告「裁判員の質問... >>